映画「忍びの国」撮影裏話&主役の無門は普段のまま猫背で演じた!

       スポンサーリンク

 

 

忍びの国はどんな映画?

 
これは戦国時代に起きた忍者と侍との戦い。

 
戦国最強の軍を率いる織田信長が、唯一攻めなかった

国があった。

 
その国の名は・・・伊賀
 

人を人とは思わない、人でなしの忍者の国

そこには天下無敵の忍びの者がいた

 
その名は 無門(むもん)

その男、最強ではあるが性格は無類の怠け者

妻には頭が上がらず・・・
 

ある日無門の前にある男が現れる

伊賀に復讐心を抱く男 下山平兵衛

 
やがて平兵衛は伊賀の国をつぶす為

織田軍に戦いの手引きをする

 
天下統一を目前にした織田信長は

最強の侍 日置大膳を従え“伊賀討伐”の兵を出す。

 
織田軍1万に対し伊賀の忍びは3千

圧倒的に不利な忍者たち

 
予想をはるかに超えた最強忍者 無門の

“逆転劇”の秘策が展開される

 

■監督はだれですか?

メガホンを取ったのは「ゴールデンスランバー」

「予告犯」「殿、利息でござる!」を手掛けた

監督 中村義洋

 

無門と平兵衛の戦いは3日かかって撮影

 
この時の戦いで覚えたのは“330手”ですと語った

鈴木亮平さん。

 
監督は「間違えて、練習した動きでない戦い方に

なったほうがいい」と、せっかく練習通りにうまく

いっても、やり直しをさせられたと明かしました。

 
どうも今その場でのひやひやした感じが出ないと

OKが出なくて、普通では気に入らなかったようです。

 
大野さんは「やっぱ至近距離なんで、どっちかが

間違えると食らっちゃいましたね」と殺陣がマジで

大変だったことを話しました。

 
■二人でずいぶん練習したんでしょ?への答えは・・・
 

鈴木「僕は1か月前に練習に入りましたが大野さんは
   ツアー中だったので、わりと終わる一週間前
   ぐらいから入って、それで一気に追いつかれ
   ちゃいましたね」
 

大野「鈴木君、真面目に撮影の合間にこうやって
  (手振り)練習してるからやべえなって思いました」

  「あんまり(練習)やんなよ!って思って…」
 

鈴木「ちょっとこっちもプレッシャーかけてやれって
   思ったもんで(笑)」

大野「そんなんで、家で練習してきて3日間で撮影
   しました」

 

       スポンサーリンク

 

 

織田軍最強の侍 日置大膳役 伊勢谷友介

 

主人公たちが忍者でむちゃくちゃなんで、ちゃんとしてる

人間側を侍の立場で正統派で演じようと思いました。

 
二人の殺陣の撮影中ずっと見てたんですけど、忍者でも

こうポーズしてじりじりとやって戦うんかなぁと思ったら

わりと普通にやってましたね。

 

大野「監督にはそのままで演じてくれって言われて

   いたんで…『普段の大野君が無門だから』と

   言われました」

 
  「変に役作りをすると監督のイメージが崩れちゃう

   んだなぁと思ったんで、普段の猫背でそのまま

   やりました
 

■撮影前に監督にお願いされたのは何ですか?
 

大野「あぁ監督に体を柔らかくしておけって言われたんです。

   アクションシーンで足を開けるようにって…」
 

  「それで僕、器具買ったんですよ柔らかくする為に

   そして柔らかくなったんですよ。

   で、いつなんだろうそのシーンの撮影って思ってたら

   撮影全部終わってて…結果、無しだった」
 

無門役の大野智さんからみなさんへ一言

 

「1日の土曜日から公開になりました『忍びの国』

 まだ見ようか迷っている方、とりあえず映画館の

 前まで来てください(来たら入りたくなるから)」
 

手裏剣が飛んできて手で掴み止めたり、日置大膳が放った矢が

木を破壊して倒したりと、派手なCGを使い、ワイヤーアクションも

駆使して、まさに今までで最高の忍者映画に仕上がった『忍びの国』


 

これってファンタジー!と外国の人達にはこれまで以上に日本の

『忍者』が人気になりそうですね。

忍者の隠密行動とか携帯食など、忍者の生活を少しでも描いて

いたらもう外国人には拍手喝采で喜ばれると思います。
 

アニメと同様に『忍者』も日本の文化。

時代劇は水戸黄門がテレビから無くなってしばらくたちますが

映画・漫画ではず~っと作品として作られて行ってほしいなぁ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ