タイタニック!ジャックは助かったはず&必ず死なねばならなかった

       スポンサーリンク

 

 

タイタニックのジャックはローズと一緒にドアの上に

乗っていれば助かったはずだという説があるが、監督の

ジェームズ・キャメロンはジャックは必ず死ななければ

ならなかったんだ!とその理由をあかしました。

 

2007年の「タイタニック」はレオナルド・ディカプリオ演じる

ジャックとローズ(ケイト・ウィンスレット)のロマンスと

史上最悪のタイタニックの海難事故を組み合わせ大ヒットと

なった。

 

CG技術を巧みにつかい、豪華客船の巨大なエンジンを

稼働させている低層から厨房、一等客室まで再現し

絶対に沈まないと言われた構造的なものまでわかりやすく

描かれている。

 

タイタニックが沈没するとわかっていながらも映画を見て

いる観客を惹きつけるのは、実際にその場にいるという感覚に

なれるということ。

 

そしてクライマックに近づくと巨大な船体が直立になって

大迫力で沈んでいく・・・

 

氷山に衝突したということで海水の冷たさは想像を絶するものだが

映像を見ていると幸いにも風はほとんど感じられず海面は静かで

穏やかなものだった。

 

ジャックとローズは壊れたドアを頼りに浮かんでいるのだが

吐く息は白く、髪の毛は氷が付いている

 

ドアにはまずローズを乗せて、そしてジャックも乗ろうとしたが

失敗してドアにしがみついていたが、うまくすれば二人ともドアに

乗れたはず・・・そう思った人は多く、ずっと話題になっていたようだ。

 

ローズ役のケイト・ウィンスレットも後にあのドアにはジャックも

乗れたと思う・・・と話していたという。

 

ジャックを引っ張ってあげれば乗れたろうに・・・なんて女だ!と

映画見ながら思ったもんだよ。

 

そして時間がたちローズが気が付いてジャックを見ると

眠るように亡くなっていた・・・

 

凍っていた手を離すと静かに海底に沈んでいくジャック

 

えー!

この映像はとてもにショックでした。

 

なんでジャックが死んじゃうんだよ~

 

       スポンサーリンク

 

 

 

そこでジェームズ・キャメロン監督は・・・

ジャックは死ななければならなかったんだよ

なぜなら台本にあったから (おい)

 

なんとかジャックを生かして欲しかったすよ

でも監督は

 

あそこで死んでないなら

倒れてくる煙突の下敷きになって死んでるさ・・・

だって死ぬと台本にあるんだからね。

 

それを監督だから変えることはできるだろうに!

 

でもねやはりジャックが死んじゃうからまた映画

見ちゃうんだよね

 

沈んでいったジャックは実は仮死状態で、後に息を吹き返して

救助船に助けられて・・・

 

なんて想像するけれど、ジャックが生きていてもなんか

普通の物語になってしまう・・・そうなるとつまらないね。

 

監督もファンの間で20年も議論され続けてきてるって

それだけジャックを愛される存在として描けてるということだろ

と満足そうに語った。

 

たしかにね、監督の言う通り。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ