ヒアリ!日本各地でも発見報告&刺されたらどうする!?殺虫剤は?

       スポンサーリンク

 

 

5月に尼崎市で日本で初めての「ヒアリ」が発見されました!
 

テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」では、ヒアリ研究の九州大学

准教授が出演して詳しく放送していたのでまとめてみました。

 

ヒアリ!駆除方法&刺されたら

 
ヒアリってどんなアリ?

 
■名前の由来

ヒアリ(火蟻)

刺されると火傷のような激しい痛みが生じることからこの名が

つけられたようです。
 

体長は2.5ミリ~6ミリ

赤茶色で腹部は赤茶色が濃くなって黒っぽい

背側に二つの突起がある

 
刺されたらどうなる?

 
ヒアリは人を積極的に攻撃してくるアリです。

蜂に近いタイプの蟻はお尻に針をもっているので

ヒアリはこのタイプになります。

 
お尻にある針を使って1回の攻撃で5回~7回ぐらい

ブスブスブス・・・という風に連続して刺します。
 

刺された時には線香の火をつけられた時のような痛みを

感じます。刺された箇所はポツンと点で盛り上がります。

 
【刺された時の症状】
 
■軽度:痛み・かゆみ

■中度:じんましん(刺された箇所~全身に広がる場合も)

■重度:呼吸困難、血圧低下、意識障害
 

毒があるのでスズメバチなどに刺された時のように

アナフィラキシーショックを起こす場合もあります。

 
刺されて30分ぐらいで動悸息切れ・吐き気などの症状が出て

呼吸が苦しくなる、目の焦点が合わなくなることがあります。

ヒアリに刺された時は10~30分ぐらい様子を見て

アレルギー反応が出そうなときはすぐに病院へ行って

医師に診てもらうことをお勧めします。

 
致死率は蜂よりも低いそうです。

アメリカでは刺された人が1000万人中100人が死亡という情報が

ありますが、専門家の話によるとヒアリの毒によるとは断定できない

(確認されていない)ということです。

 

もし体についた場合は手で払うなどしないで振り払うこと。

左手についた場合右手で払うと、右手が刺される恐れがあります。
 

予防方法としては防虫スプレーの効き目はほとんどないので

ベビーパウダーを手足につけると蟻が上がってきずらくなります。
 

       スポンサーリンク

 

 

ヒアリの巣

比較的に人が手を加えた平坦な土地の砂地っぽいところに好んで作られる

今までに発見された巣の大きさは、最大で地上約90センチの高さ

地中は約180センチの深さ。

 

ヒアリは暖かいところを好み、これまでに信号機や

電柱の変圧器、エアコンの室外機などの電気設備に

侵入し発火などの事故が報告されているようです。

 

世界のヒアリ駆除対策は・・・

 
アメリカ 駆除失敗
1930年代にヒアリが侵入。
初期対策せずに拡大
主に南部の州に生息しています。

 
ニュージーランド 駆除成功
対策チームを結成し殺虫剤を使い駆除
2年後に駆除宣言

かかった費用は1億2000万円
 

日本

毒入りの餌を全国68の港に配布を決めたが、生態系を

考慮して、ヒアリが発見された港に限定することになった。

 
台湾ではヒアリの臭いをかぎ分けてヒアリの巣を発見する、

「探知犬」が活躍している。

 
この探知犬は日本にも導入するため手続き中。

実際に日本で活動するには半年ほどかかります。
 

日本で発見された場所は?

 
兵庫県尼崎市や名古屋港、東京港、大阪港など5都府県
 
5月26日:兵庫・尼崎市 500匹以上

6月16日:神戸市 約100匹

6月30日:大阪市 約50匹

6月27日:愛知・弥富市 7匹

7月 3日:東京・品川区 100匹以上

7月14日:横浜港でヒアリ500匹以上、幼虫やさなぎで200匹発見
 
中国や台湾などから輸入されたコンテナが原因のようです。
空の便も可能性はあるとして、成田空港でもヒアリの存在を調査中!
 
ヒアリを発見したらまずは地方環境事務所に連絡してください。

 
駆除方法=巣から駆除する殺虫成分を含んだ餌で“アルゼンチンアリ用”と

     表示されているものが効果があるようです。
 

いろいろと不安に思うヒアリですが、予防のためにアリの巣を駆除する

餌が有効のようです。

購入する際には「アルゼンチンアリ用」と表示されたものを選びましょう。
 

ヒアリに刺されたらすぐ病院へ行く準備をしたほうがいいですね

病院は混んでいるので30分なんて、診察までにはもっとかかるでしょう。
 

症状によっては躊躇せず、救急車を呼ぶことも必要!という認識を

持っていた方が良いようです。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ