プロター/モト・モリーニ250CCの制作/7、カウル

      スポンサードリンク

 

今日はモト・モリーニのカウルに

とりかかります。

 

とりあえず仮組みしてみました。

 

合いが悪りーの、隙間ありーのこれでもう

ゴミ箱に捨てたくなるあなた…

 

気持ちはわかります(笑)

 

国産プラモデルに慣らされ、何不自由なく

切りはなして、接着して、塗装すれば

完成までこぎつける…

 

そんなぬるま湯に浸っている国産プラモデル

愛好家に、プロターは

『おまえには無理だ!』と

鼻で笑っているように思えます。

 

模型屋のおやじの対応が思い浮かびます。

 

なんのこれしき、隙間ふさいで

下地を綺麗にしあげりゃいいんじゃろ!

 

そんな気持ちで地道に前に進みます。

 

仮組みして気がついたのですが、左右が

対象でないんですね。

このように下面が揃っていません。

 

組み立て説明図を確認すると

 

№48のパーツが下に伸びる突起部分が

ありました。

 

あまり疑っても仕方がない、これはこれで

こういうもんだと思って前に進みます。

 

カウルの裏側は、こんな文字があったり

 

 

へこみがあったりと、めちゃくちゃです。

溶きパテを筆で塗りたくって削り整えます。

使用したのはグンゼの溶きパテ

 

 

傷のあるところやへこみにぺたぺたとな

 

 

こんな風になりました。

内側です。

 

こちらは表面です

 

けっこう輸入プラと言えども、パテがあると

見栄えがぐんと良くなってきます。

 

最初見た時に『あちゃー』と思っても、

コツコツ作業を進めていくと、その変わり様に

楽しくなってきます。

これがプロターの魅力なんですよね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ