タミヤ製ホンダF‐1&HONDA-RA272!ホンダミュージアム

       スポンサーリンク

 

 

タミヤ模型のプラモデルで“ホンダF-1”というものがあります。

ずいぶんと古いプラモデルですが、発売当時はそのころでは当たり前の

モーターで走行するモーターライズ仕様でした。

 

これが問題で、結構部品数が多くて完成すると模型の重量で走行しません(笑)

走ってもノロノロで、すぐに止まります。

 

このF-1シリーズでは後に発売された“マトラ”もそうでした。

まあ1/12スケールなので飾っておいた方が良いのですが、プラモデルと

言えば、走らせて遊ぶのが主流の時代でしたからね。

 

ホンダF-1 RA272

 

1965年10月24日、晴天、メキシコシティ郊外

ロドリゲスサーキット。
 

南国の焼けつくような太陽の光を跳ね返すかのように

純白のボディを輝かせたマシンが、かん高いV12気筒

エンジンの音を響かせながら疾走していた。
 

1961年から始められた1.5リッターF-1最後のレース

メキシコGPは、リッチー・ギンサーがドライブする

ホンダF-1が1週目からトップを奪い、2位の

ダン・ガーニーの乗るブラバムに300m以上の差をつけて

独走していた。

 
56週、ギンサーのホンダは1分56秒のラップレコードを

記録し、独走態走を固めていった。

 
しかし57週、ガーニーはギンサーの記録を上回る1分

55秒48のラップレコードを記録し、じりじりとその

差をつめていた。

 
しかしギンサーのペースは安定していた。
 

まったく余裕のある走行ぶりであり、よほどの事態がない限り

ギンサーの1位は確定的であった。

 
やがて最後ラップ、最終コーナーを抜けたギンサーは

2位ガーニーに約150mの差をつけ、最初にチェッカーフラッグを

受けたのである。
 

ホンダが日本のメーカーとして初めてF-1レースに参加した

のは、1964年シーズンの半ばドイツGPからだった。

 
この最初のマシンRA271は一度も入賞を果たさなかったが

横置V12気筒エンジンから絞り出されるパワーは、F-1

マシン中もっとも強力なものであった。

 
そして1965年、前年ホンダF-1を操ったロニー・バックナムに

加えてリッチー・ギンサーを新しくドライバーに迎え、マシーンも

改良型のRA272となってホンダは再度F-1レースに挑戦した。

 
しかしベルギーGPでの6位入賞以外はさしたる成績も示さず、

1.5リッター最後のレース、土壇場とも言えるメキシコGPを

迎えたのであった。

 
ホンダにとって、このレースでの勝利はまさに何者にもかえがた

かったであろう。
 

レースに参加して以来2年、通算11レース目の勝利であった。

 
もし1966年も1.5リッターF-1が続けられたならば、

230HP/12,000rpmのエンジンのハイパワーからみても、

また年々改良が重ねられたシャーシからみても、チャンピオンと

なる可能性が最も強いマシンであったと言われた。

 
       スポンサーリンク

 

 

こちらは栃木県もてぎのホンダミュージアムに展示されていた

ホンダF-1です。

ホンダF-1 RA272

 

運転席の様子

 

当時はF-1マシンなんてテレビか雑誌で見るぐらいでしたが、

今ではミュージアムで見られるので最高です!

 

プラモデルを作る時の参考にと、写真を撮りまくって来ましたが

本当に作るのか・・・自分でもわかりません。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ