タッチ!タイトルの由来に衝撃&和也は人気だから殺すな!のはずが

       スポンサーリンク

 

 

“タッチ”と言えばあだち充さんの青春野球漫画。

マンガは好きで子供の頃よく読んだけど、けっこう

画には好き嫌いがあってねぇ…

 

“タッチ”はチラッと見ただけで読んだことはなかったです。

 

あっさりした画風で、一見して少女マンガみたいで…

印象にあるのはキョトンとして小さな口をぽかんと

開けた顔。

ほとんど無表情というか、感情が読み取りにくいんだな

 

 

興味ないから髪型が変わるだけで、みんな同じ顔に見えました。

 

そんなタッチですが、若いころ行ってた専門学校では

女生徒たちに大人気!

休み時間にはコミックを貸し借りして、話題もタッチ一色。

 

読まなくても和也が死んじゃったとか、浅倉南が…達也が…

なんてね。

狭い教室なので聞こうとしなくても

それとなくストーリーは自然に耳に入ってきました。

 

タイトルの「タッチ」についても、なんでタッチなのか

達也→たっちゃん→タッチなのか?

バトンタッチのタッチなのか?

話題にあがって、盛り上がっていたのを覚えています

 

当時はそんなのどうでも良かったけど、今回読んだ

タッチの記事で

当時のことを懐かしく思い出しました。

 

       スポンサーリンク

 

 

タッチはバトンタッチのタッチだった

 

月刊少年サンデーのインタビューに、“タッチ”の

作者のあだち充さんはマンガの裏話を語っていました。

 

タイトルの“タッチ”は、兄の上杉達也の名前ではなく

弟の上杉和也の人生を兄が受け継ぐ“バトンタッチ”の

“タッチ”だったようです。

 

これで長い間ファンの間で論争となっていたタイトルの

疑問に終止符がうたれたわけですなW

 

そしてもう一つ

上杉和也は最初から死ぬ運命だった

 

人気のあった弟の上杉和也は、編集担当者からも絶対に

殺せないキャラだから…と言われていたそうで

 

そんなこと言われても、死ぬことであとに残された

彼女の浅倉南と和也の兄、達也の物語が展開されて

いくわけで…

 

タイトルの“タッチ”もつけた意味もなくなっちゃうし…

 

困ったあだちさんは上杉和也が交通事故で死亡した

原稿を残して姿をくらましたそうです(笑)

 

原稿がそれしかなきゃ、それを載せるしかないもんね

面白い話を聞かせていただきました。

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ