銅像になったネコ「Tombili」トルコ・イスタンブール版ハチ公?

       スポンサーリンク

 

 

銅像になったネコの名は「Tombili」

そしてこの銅像が建てられたのは

トルコのイスタンブールの道端である。

 

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161005/Biglobe_1906255492.html
 

なぜ猫が銅像に?

 

動物の銅像って…渋谷の忠犬ハチ公なら

知っているが、ネコが銅像になるって、

ハチ公のようにご主人を送り迎えしたの?

 

いえいえ、「Tombili」(トンビリ)は

この画像のように道端でただ偉そうに

くつろいでいただけなんです(笑)

 

 

道端のこの場所は彼のお気に入りの場所で

よく肘をついて寄りかかっていたそうです。

 

人間のようなふてぶてしい「何を偉そうに」と

言いたくなるような、でも愛嬌のあるポーズで

ネットで話題になり、それがたちまち拡散…

 

世界中の人に広く知れ渡ることになりました。

 

Gratitude Attitude さんのツイート

 

そんな彼はもちろん地元の人たちに愛され

世話をされて、町のマスコットとして

可愛がられていました。

 
 

       スポンサーリンク

 

 

トンビリを偲んでネット署名が集まる

 

そのトンビリが亡くなったのは8月1日でした。

11歳でメタボだったので、肥満による健康上の問題が

原因とこの地区の副区長さんが話してくれました。

 

手を尽くして治療したが残念ながら助けることは

できなかったって…

野良猫トンビリは幸せだったと思います。

 

彼が忘れられないという人達の間で銅像を

建てる案が浮上し、そのためのネット署名が

1日で17000通も集まり

銅像が建てられることになりました。

 

完成したトンビリの銅像は10月4日に

お披露目され、トンビリのおなじみのポーズは

町のシンボルに…

 

 

行き交う人々をほっこりさせ、なぜか

町の猫たちも寄ってきて、声をかけている

ように見えるのは気のせいだろうか…

 

精肉店店主の話

 

 

「トンビリは鶏の胸肉が柔らかくて大好き

だったね」

 

「食べたらその辺で寝転がって、夜になると

ビルのねぐらに帰っていったよ。

太り過ぎて他の姿勢じゃ寝られなかった…」

 

トンビリの像はこの精肉店のすぐ前にあります。

この店のおじさんにご飯をもらってはご機嫌で

あのポーズでくつろいでいたんだね。

 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ