新幹線混雑時!自由席の乗客が指定席車両へ!指定席券の意味は?

      スポンサードリンク

 

 

私は以前に仕事の関係で、新幹線を何度か

利用したことがありました。

 

運悪くすごい混雑の時に当たったことも

ありまして、自由席の乗客は車両におさまり

きれず、指定席車両の方まで乗り込み

通路に立っている状況・・・

新幹線混雑

自由席の乗客からすれば、少しでも余裕が

うまれるわけで歓迎なんですが、指定席券を

買った乗客はおもしろくないんじゃないかな

と思った次弟です。

 

そうしたらネットでたまたま

withnewsの記事を見つけて納得。

 

JR東海さんの話では、帰省ラッシュとか

特別に混雑するような状況の場合は、

 

自由席料金で乗車した客を自由席車両以外の

デッキや、指定席車両の通路に誘導する

ことがあるという。

 

この場合、指定席券を購入した客の権利は

侵害されていないのだろうか?

 

だれもが疑問に思うだろう・・・

 

それもJR東海さんの説明では、指定席の権利は

座るための空席を確保するためのもの。

 

指定席券を購入した客が、座席に座れれば

目的を達成した事になり、通路やデッキの

状況は自由席と同等ということでした。

 

 

ちなみに特別な車両のグリーン車は、グリーン

車料金を払った客以外は入れないので、

 

快適な空間を求めるなら、グリーン車を

ご利用くださいということなんだね。

 

指定席乗車券はあくまで座席の確保!

勉強になりました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ