パトカーは速い?エンジンって別物?一般車との違いはあるのか?

       スポンサーリンク

 

 

パトカーが速いのはエンジンが別もんだし

一般車とは到底作りが違うから、追われたら

逃げても無駄!と、昔聞いたことがあったような

気がする。

 

パトカーはいわゆるパトロールカー・・・。

 

日ごろ街中、あるいは高速道路をパトロールして

不審車や事件事故を未然に防ぐために使用されて

いるので、いざ逃走車を追跡する場面となったら

遅い車では話にならないはず。

 

当然、一般の市販車よりは高性能と思われるのだが

そのあたりを探ってみよう。

 

パトカーにもカタログがある!

 

車を買うには、ディーラーに行けば全ての車種の

カタログがあり、場合によってはお目当ての車の

展示車・試乗車があったりもする。

 

パトカーは市販車をベースに改造した車なので

市販車のカタログをもとに作れば割と簡単に

カタログも出来るはず。

 

どれもこれもパトカーにというわけではないが

数車種のパトカーカタログは存在した。

 

予算の都合で来年度は○台パトカーを入れ

替えよう、とか検討する上でまずはカタログが

必要だもんね。

 

気になる主要諸元表のところには、最高速度

「推定180Km/h」となっている。

 
パトカー
https://www.webcartop.jp/2016/07/45955

 

リミッターは付いているので、それ以上の

スピードで追ってくることはないということ

だが、くれぐれも180Kmオーバーなんて

とんでもないスピードを出さないように!

 

今の時代無線連絡して先回り、または路上の

カメラで間違いなく特定され、いずれは

検挙されます。

 

パトカーの特別仕様なところは?

 

パトカーは通常業務に欠かせない無線装置や

警光灯が搭載されているので、それに伴い

バッテリーやオルタネーターも強化されています。

 

その他の強化箇所は仕様書によると、

トランクは5年間で1万回の開閉をすることを想定

して補強する。

 
サスペンションは、トランクに60Kg以上積載で

昇降機能付きの警光灯を搭載して5年間で20万Km

走行できるよう補強するとある。

 

       スポンサーリンク

 

 

盗難防止装置も普通じゃない

 

今から20年ほど前になるけど、街の

ガソリンスタンドでちょっとした事件が発生。

 

警察に連絡して間もなくパトカー3台ほど到着。

警察官が複数動き回っていたが、パトカーは

来た時のままでエンジンはかけっぱなし・・・

 

営業中でお客も入ってくることだし、店員が

気を利かして、パトカーを移動しようとして

乗り込んだら、パーッパーッパーとクラクションが

鳴り出した。

 

すぐ警官が音を止めてパトカーを移動したが、

特別な防犯装置が付いているようである。

 

たま~に犯人がパトカーを盗んで逃走する事件が

過去にはあったが、犯人が運が良かったか(笑)

たぶん今では盗むのは無理でしょう。

 

メーカー純正のハイパワーパトカー

 

やはり目を引くのはメーカーが生産している

スポーツカーのパトカーバージョン!

古くはこの神奈川県警のS30型 フェアレディZ

 

フェアレディ

 

そしてケンメリGT-Rのパトカーもあったと記憶してる。

埼玉県警のR33スカイライン4ドアGT-Rや、つい先日には

警視庁に日産・フェアレディZ NISMOが3台納入された

ニュースがあったけど、なぜか日産が多いね。

 

トヨタも負けじとマークXのスーパーチャージャー3.5ℓ

360Psを警視庁高速隊に配属したらしいが、くれぐれも

スピードオーバーで悲惨な事故が起きないよう、

願って止まない。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ