ホンダNSX!重視したのはパフォーマンス&環境性能!欧州仕様発表

       スポンサーリンク

 

 

ホンダが誇る日本のスーパーカーNSXが

生産を終えてから久しくなるが・・・

 

後に新たなコンセプトで開発をスタートした

新型NSXはハイブリッドで生まれ変わった。

 

初代で多用されたアルミボデイに、さらに

加えられたのは、同じ軽量素材のカーボン

ファイバー。

 

車両重量は欧州仕様で1763Kgに抑えて

重量配分はミッドシップならではの

42対58とした。

 

気になる足回りは、フロントサスペンションが

ダブルウイッシュボーン。

リアはマルチリンク式。

 

ブレーキは他のメーカーも良く採用している

ブレンボ製。

 

ローター径は

フロント368mm、リアが361mm

オプションでカーボンセラミックが装着可能で

その場合フロントが381mmに拡大される。

 

装着タイヤ

フロントが245/35ZR19

リアが305/30ZR20

欧州仕様は、コンチネンタルの

コンチスポーツコンタクト5 SPが純正で装着される。

 

トランスミッション

9速デュアルクラッチで最高速は308Km/hの性能を有する。

 

       スポンサーリンク

 

 

581Psのハイパワーと65.9kgmの最大トルク

 

NSX
http://response.jp/article/2016/07/25/278979.html

 

新型NSX欧州仕様

≪直噴3.5リットル(3493cc)V型6気筒ツインターボエンジン≫

最大出力 :507ps/6500-7500rpm

最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm

 

このエンジンにさらに3モーターのパワーが加わる

 

≪スポーツハイブリッドSH-AWD≫

フロント・・・モーター2個

リア  ・・・トランスミッション一体設計のモーター1個

これらモーターの最大出力は74Ps

 

トータルで581Psのハイパワーと65.9kgmのトルクを生み出す。

 

環境性能を比較

 

■新型NSX欧州仕様VSフェラーリ&マクラーレン

 

新型NSX     ・・・10Km/リットル、228g/Km

フェラーリ488GTB・・・8,8Km/リットル、260g/Km

マクラーレン650S・・・8,6Km/リットル、275g/Km

 

以上3車種を比べてみると、やはりハイブリッドの

新型NSXに軍配が上がった。

 

なかなか日本で発売されない新型NSX

スーパーカーが多い外国でライバルと比較させて

その地位を固めてから国内発売とする考えなのか?

 

おそらく日本仕様はパワーなど、抑えられての

発売となるのだろうが、581馬力で308Kmの最高速なんて

出せる道路がないからどうでもいいんだけどね。

 

もう目が慣れたせいか、全体的にまとまっていておとなしく

見える・・・

でもやっぱり、フロントの顔がつぶれた電話帳のように

紙が幾重にもずれたように見えるのがいただけない。

 

スッキリ、センス良くシンプルにできない!いかにも日本的

デザインなんだよなぁ

 
2NSX
http://response.jp/article/2016/07/22/278880.html

 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ