エンツォフェラーリ!事故車でも2億円で落札! 資産守るフェラーリ

       スポンサーリンク

 

 

エンツォ・フェラーリはかの有名な

イタリアのスーパーカー、フェラーリの

創始者で、彼の名を冠したこの車が

エンツォフェラーリ

 

エンツォフェラーリ

 

フェラーリ創業から55年目に発売

されたこの車は、当時ピニンファリーナに

いた日本人カーデザイナー奥山清行氏

よるもの。

 

F1マシンの雰囲気を醸し出している

フロントのデザインは、懐かしい

アニメのマッハ号をも思わせる

先端に行くほど絞られた形状。

 

並みのスーパーカーにはない運転手の

快適性にこだわった作りの良さであり

ながら、限定生産車であるとはいえ、

たったの399台という台数はあまり

にも少なすぎる。

 

ドアは乗降のしやすいバタフライドアで

エアコンは標準装備。

 

新車時の価格は7850万円

 

その車が不幸にも事故にあって真っ二つ!

2006年に米カリフォルニア州の州道

1号線で、電柱に激突してエンジン部と

座席からフロント部に分かれたというから

大破もいいところ・・・

 

普通なら修理はせず、廃車となるのだが

とにかく世界限定399台の希少車!

 

フェラーリに依頼して数年がかりで

新車同様に修復された。

 

一体いくらかかったのか?

金額は明かされていないが、赤くて黒色の

内装は、黒いボデイに赤の内装に生まれ

変わってオークションに出品された。

 

そこで落札された金額が

156万8,000ユーロ(約2億円)

 

フェラーリは大破しても修理する価値が

ある車だってことなんだね。

 

しかも限定車は間違いなくプレミアが

付くっていうはなし。

 

近年、土地神話が崩壊し、少子化でます

ます中古住宅も土地もあまっている。

 

不動産投資よりフェラーリを持っていた

ほうが資産を守るにはいいかもしれない。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ