桃ちゃんの桃ゲーム!三太郎がやっていたのはかるたではなかった!

       スポンサーリンク

 

 

桃ちゃんの桃ゲーム”を新しいauのCM

「知ったか先生」篇で三太郎がやっていました。

 
飲み会でよくやるあのゲームの桃ちゃん

バージョンですね

 

桃ちゃんの桃ゲーム 解説動画

 

 

桃ちゃんの桃ゲーム 遊び方

 
1、3人以上で輪になる
 
2、スタートする人が
  「桃ちゃんの桃ゲーム」と言って

 ランダムに次の人を選んで、手で桃の形を表して次の
 3つのうちの1つを渡します。
 
 「大きい桃、ハイ」と言って、桃は小さく表現
 
 「小さい桃、ハイ」と言って、桃は大きく表現
 
 「桃ちゃんの桃、ハイ」と言って桃は中くらいで表現
  渡された人の両隣の人
 「パッカーン」と言って桃を割った表現をする
 
3、一連の動作のなかで間違えた人は罰ゲームとなる。

 
       スポンサーリンク

 

 

さて、いきなり飛び出した「桃ちゃんの桃ゲーム」

三太郎のCMの人気に乗って流行るでしょうか…

 

リズムに乗ってスムーズ進める「桃ちゃんの桃ゲーム」

 

言葉と動作のアンバランス!大と小のワンパターンで理解

しようとすると、「桃ちゃんの桃」が割り込んできて

頭の中をパニックにさせます(笑)
 

自信が無い方はとにかくミスをふせがなくてはなりません

そのコツとして、返す桃を整理して覚えましょう。

ミスを最小限にしよう

 

■大小の桃が来たらそのまま真似て他の人に渡す

■「桃ちゃんの桃」が来たら、両隣の人が
 「パッカーン」をしてから「桃ちゃんの桃」を他の人に渡す

■両隣の人に「桃ちゃんの桃」が来たら
「パッカーン」をする。

 

“もらった桃はそのまま他の人に返す”と覚えておくと

少しは楽になり、ミスを減らせます。

 

でもね、ミスが無いと面白くないのがこのゲーム…

メンバーの中の誰かがあなたの

「もらった桃をそのまま返す作戦」に気が付いて

それは禁止!と言い出すでしょう。

 

ミスが無いとルールが増えるか、スピードを早める

のがこのゲームの特徴でもあります。

頑張ってください。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ