滝沢カレン!趣味は俳句「今の気持ち」を即興で詠む才能がヤバい!

       スポンサーリンク

 

 

滝沢カレンさん、おかしな日本語でバラエティー

番組でも引っ張りだこの人気ですが、趣味は俳句

とのこと。

「今の気持ち」と振られて即興で詠む才能が

ヤバいです。
 

しゃべくり007SPの番組内では、絵入りの俳句も

披露してくれました。

 

滝沢カレン!趣味は俳句?

 

上田「趣味は?」

滝沢「最近俳句を毎日詠んでて…」

 
上田「何で俳句詠んでんの?」

滝沢「あの日記付けようと思ったんだけど
   けっこう私ガーっと書いちゃいたい
   人なんですよ、もう1ページぐらい」

  「でもそれを毎日つけるなんて絶対
   ありえないから…何か疲れちゃう
   じゃないですか…」

  「俳句だったらすぐに終わるし、あの」

 
上田「そんなに早く終わらしたいんなら
   何もしないのが一番」

滝沢「何かしたいんですよ」

 
上田「その日あったことを俳句にするの?」

滝沢「そうですそうです」

 
有田「教えて、昨日は?きのう…」

滝沢「えとあの…これ持ってきたんですよ」
 

有田「おー、見たい」

上田「ほぉそれ見せて~」

 
上田「いつだって隣をごらん誰かいる」

有田「どういう気持ちですか?」

 
滝沢「あのこれは私の周りっていつも何か
   喋ってるといなくなっちゃったりする
   んですよ」

  「団体でご飯とか行ってるとあの必然的に
   もう私の話を聞いてくれてない子たちが
   けっこう現れてくるんですよ」
 
  「あーもう聞いてくれないなと思って
   不思議がってると、いつも隣に親友の
   サチコっていう…」

  「そのサチコはなにがなんでも最後まで
   聞いてくれるんですよ私の話を…」
 
  「だからそれを、あっそう言えばサチコって
   本当にいい人だなこの人のことを俳句に
   書いてあげようと思って」

  「いつだって隣をごらん誰かいる」という…

 
上田「サチコでいいじゃん」

有田「サチコいるだよ!」

 
上田「ちなみにこれはあなたとサチコさんなの?」

  「どっちがあなたなの?こっち?」
 

滝沢「それサチコ」

上田「これサチコ

ホリケン「かわいそうでしょ

 
       スポンサーリンク

 

 

上田「ではこちら行ってみましょう

   あぁじゃ詠んでください」

滝沢「おもわくば身体のぎくしゃく
   じこけんお」

 
一同「はあ?」
 

有田「これは無理でしょう」

上田「これは?」

有田「あぁなんか体がぎくしゃくしてるなぁ
   なんか…だから自己嫌悪になるなぁ
   ここまではわかるんです先生、

   おもわくばという?…

   この枕詞ですべてがひっくり返ってしまう」
 

上田「これなんですか?」

滝沢「これはある日、私モデルの撮影があったんですね
   そんな大切なモデルの撮影に、何か番組の方が
   密着してくれるっていきなり言ってきて」

  「あ、密着してくれるんだと思って、その
   モデルでカッコいいところ見せたいのに
   全然動かないんですよもう固まっちゃって」

  「あ、どうしようここも動かない!ここも
   動かないって言って…その夜考えたのが
   
   あの『思えばさ』みたいな『思えばさ』
   それをかっこよく言いたくて…」
 

上田「思い返してみるとってこと?今日1日を…」

滝沢「そうです」
 

上田「あっそれが、おもわくば
   言いませんね!おもわくばって

有田「先生あの初めて、もしかしてこうやって自分の
   俳句を発表されたと思うんですけど…
   今の気持ちをズバリ俳句でお願いできますか?」
 

滝沢「あ、俳句で、ハイ」
  「見られたぞ 心の内に 秘めた想いコレ」

上田「字余りでしたね!字余りでしたから…」
 

有田「早く言いましたもんね」

上田「違う違う!」
  「時間が短ければ五になるワケじゃない!」

 
有田「早いから!」

上田「違う違う、巻きで言ったってダメなんですよ」
 

有田「いや今ちゃんと入ってました」

上田「入ってませんよ!」
 

有田「語呂的には五・七・五」

上田「字余りでしたって!しかも見られたぞって
   仰ってましたけど、持ってきたのあなた
   ですからね」
 
有田「素晴らしいですね」
 

はい、最近の滝沢カレンさんは面白い日本語の

トークでテレビで良く見るようになりましたね。

 
確か“四字熟語”が得意で、初対面の人でも

パッとその人に合った“四字熟語”を作れるって

ことを他の番組で見たことあります。

 
俳句が趣味とは知りませんでした。

しかも絵を描いています(笑)
 

単なるトークでは話題に限りがありますからね。

“四字熟語”とか“俳句”とか、番組の要求に

こたえて恥ずかしいだろうけど、さらけ出して…

大したもんです。

 
滝沢カレンさんが出ているとつい、見入ってしまいます。

他の人には無い「日本語のチョイスが変な人」は貴重です。
 

最初はスムーズに聞き取れなくて抵抗がありましたが、

今では面白くて笑いをこらえられません。

彼女には頑張ってほしいなぁ

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ