桂歌丸!落語界の未来を託したい3人とは?円楽は入ってなかった!

       スポンサーリンク

 

 

桂歌丸さんは御年80歳、近年何かと病魔に襲われ

入退院を繰り返しているが、最近では酸素吸入器を

付けて高座に上がっている。

 

http://www.news-postseven.com/archives/20170212_492561.html?IMAGE&PAGE=1

 

最初はこんなの付けなくても…と見栄えを気にして

高座に上がったが、最後のころには声が震えて…

 
見栄えか声のどちらかを取らなければならないと

いうことで、悩んだ結果声を取りましたと語る。

 

なにもそこまでして仕事をしなくても…と思うのだが

根っからの噺家で落語大好き人間。

 
取材中には自分から、生まれ変わっても

落語家になりたいと話している。

 
本当に大好きなんだね落語。

 
そんな歌丸さんだから落語歴は65年にもなるが、

最近は引退を考えるようになり、落語界を託したいと

思っている人が3人いることを明かしました。

 

歌丸さんは笑点の司会を、5代目三遊亭円楽から

引き継いだが、その時「後は頼んだよ」と“笑点”と

共に落語界も託されたという。

 
当時を思い出し今日まで、そしてこれからを

考えて選んだ3人は三遊亭・小遊三さん。

そして春風亭・昇太さんと桂・米助さんでした。

 
この3名は歌丸さんが会長である落語芸術協会に

所属しており、その中から選んだという訳だ。

 

三遊亭 小遊三

(さんゆうていこゆうざ)

本名:天野 幸夫

生年月日:昭和22年3月2日

出身地:大月市

落語芸術協会 副会長

 

春風亭 昇太

(しゅんぷうていしょうた)

本名:田ノ下 雄二

生年月日:昭和34年12月9日

出身地:静岡市

落語芸術協会 理事

 

桂 米助

(かつらよねすけ)

本名:小野 五六

生年月日:昭和23年4月15日

出身地:千葉県市原市

落語芸術協会 理事

 
       スポンサーリンク

 

 

笑点の大喜利では、6代目三遊亭円楽さんが

盛んに歌丸さんをネタに毒舌でからかって

仲良さそうにしていましたが、

3人の中には入ってなかったんですね。

 

落語芸術協会に入っているのが条件なら

見たところ三遊亭円楽さんは入っていません。

 

圓楽一門会というところで幹事長を務めています。

調べてみると落語界は派閥と言うか、けっこう

色んな団体があるんですね。

 

笑点でも和気あいあいとおもしろ楽しくやって

いるのでいがみ合うような問題は無いとおもいます。

 

自分の一門を守り、芸を研究し向上するために

気の合う落語家が集まって、それが落語界を盛り上げる

ことに繋がっているのだと思います。

 

歌丸さん、写真で見ると透明のパイプがちょっと

痛々しいけど、あまり無理せずほどほどに

高座を務めて下さい。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ