大橋巨泉さん死去!芸能界から次々と惜しむ声&巨泉の名前の意味は?

       スポンサーリンク

 

 

大橋巨泉さん死去という一報が流れて

芸能界からもコメントが寄せられています。

 

八代亜紀さん

芸能界、音楽、多方面で活躍されてて

毒舌もされたりとか、なんかこう個性的なね

芸能界引っ張ってこられた方。

 

すごくこう大きな方で芸能界をビシビシ

斬られていくのは気持ちいいですよね。

忘れられない方ですよね。

 

 

クイズダービーで共演した

声優の野沢雅子さん
 

ビックリしましたテレビ見てて。

かなりいろんな所だったんですよね

強く生きてますよね。

でも皆さん見てる人は、同じような病に

かかっている人っていうのは勇気持って

たんじゃないかしら。

 

あれだけ頑張って普通に

「え?がんだったの」っていう感じですもんね

だからとてもいいことだな 

ああいうふうに生きるっていうのは・・・

 

 

うつみ宮土理さん

大橋巨泉さんは愛川欽也にとって良き

ライバルであり友人だった。

キンキンの葬儀の弔辞を巨泉さんが

読んでくださった。

あたたかく切なく友情にあふれたものだった。

昭和のトークの名人がまた一人

消えてしまったんですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

巨泉さんも入っていた昭和9年会のメンバー

藤村俊二(オヒョイ)さん

また一人大切な仲間が天国に行ってしまって

寂しい限りです。

 

高橋英樹さん

結構プライベートでよくゴルフを

やらせてもらいました

(巨泉さんは)ゴルフは非常にうまかったので

よく私は負けましたけれども

 
ひとつのテレビの文化を創り上げた

人なのかなと思います。

テレビ界をこういう形にしていった

大の功績のある方ですし

本当に惜しい方ですね

 
だんだん色んな方たちがそういう形で

亡くなっていくのは本当に残念です

 
何回も何回も手術なさって非常に大変

だったでしょうけどね。

突っ走ってきた方ですからゆっくり

安らかにお眠りいただきたい。

 

 

       スポンサーリンク

 

 

クイズダービーで共演した竹下景子さん

出演者にニックネームをつけるのが上手で

私は「三択の女王」

私のコンサートや舞台ドラマにもよく

ダメ出ししてくれて「下手だね~」

辛口のコメントがありがたかった。

 

世界まるごとHOWマッチで共演した石坂浩二さん

無念の想いでいっぱいです。

たくさんの巨泉さんの姿と言葉が頭の中を

巡っています。

これからも忘れず思い起こしては自分の

励みにしていきたい。

 

11PMで共演した松岡きっこさん

今の私がいるのも巨泉さんのおかげだと

思うので悲しくなりますね。

これだけ一生懸命自分の好きなことを

やって、周りの方にも支えられて

生きられて幸せなんじゃないかと思う

 

11PMで共演した朝丘雪路さん

番組(11PM)中巨泉さんには(夫・津川)

雅彦さんにも作らなかったお弁当を自分で

作って持って行っていたくらいに仲良し

だったから、思いはひとしおです。

 
 

後日「しのぶ会」を開くということです。

 

話題になったテレビCM

巨泉さんと言えば思い出す有名なテレビCMがあります。

 

1969年に放送された、パイロット万年筆のテレビCMです。

IMG_1588

みじかびのきゃぷりきとればすぎちょびれ

すぎかきすらのはっぱふみふみ

わかるね(笑)

 

当時のテレビは白黒で画面も14インチ~21インチ

ぐらいのブラウン管でした。

 

いきなり巨泉さんが映ったかと思うと

万年筆のキャップを取って語りだす・・・

 

最後に「わかるね」と言われても、変な言葉の

羅列で意味不明なのだが、不思議と感覚で

分かった気になってしまう。

 

一度万年筆を買って、すらすらと書いてみたいと

だれもが思ったCMである。

 

これは俳句の五七五とジャズのリズムが

結びついたアドリブだったと後に本人が

明かしていた。

 

すごい!まさに天才。

 

巨泉さんの、巨泉とは俳句を作るときの俳号で

巨人ファンであり、泉のごとく

アイデアが尽きないようにと

高校時代に自分でつけたという

 

俳句もたしなみ、ゴルフ、釣り、麻雀と

実に多趣味な巨泉さん。

大人の遊びをテレビで扱おうと深夜の

バラエティ番組「11PM」で放送すると

世の男たちはみんな寝ないで見ていたものでした。

 

巨泉さん、テレビを楽しいものにしてくれて

ありがとう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ