大橋巨泉さんが笑ゥせぇるすまん(喪黒福造)のモデルだった!

       スポンサーリンク

 

 

大橋巨泉さんの死去について、テレビのニュースで

このところ有名人のコメントが紹介されています。

 

そこで、藤子不二雄Aさんのコメントで知ったのですが、

笑ゥせぇるすまんの喪黒福造のモデルは、巨泉さん

だったらしいのです。
 

 

藤子不二雄Aさん

(巨泉さんとは)仕事上の接点はなかったが

ひょんなことから知りあいになった。

 

笑ゥせぇるすまんの喪黒福造のモデルは彼

性格はまったく違うけど本人に言ったら

「またあ、僕を使って」と笑っていた。

 

巨泉氏はとにかくゴーイング・マイウエー

妥協せず自分の人生を貫いた人。

 

 
藤子先生が新しい漫画のキャラに悩んでいると

たまたまテレビに巨泉さんの顔がアップで

映ったので「これはいける!」と思って、

その顔を変形していって出来たそうです。

 
 

萩本欽一さん

演者はそれまで芸を磨くことが基本だったけど

巨泉さんは才能というものをテレビで光らせた人

バラエティーと言うものが誕生したとき

その先頭にたったのが

巨泉さんや永六輔さんだった。

 

後に萩本さんが司会を務めるバラエティー

番組で使った「バカ受け」という言葉は、

実は巨泉さんが元祖だったといいます。

 

テレビ語を作った偉大な人だった。

僕がたくさんのバラエティーを生むことが

できたのは巨泉さんのおかげです。

 

 

萩本さんが言うように巨泉さんは昭和の

テレビ史に数多くの言葉を残してきました。

「なんつったって」
「うっしっし」
「○○ドン!」

「バカ受け」は欽ドンでよく口癖のように萩本さんが

使っていたけど、巨泉さんが生み出した言葉だった

とは知らなかったねぇ。

 

 

王貞治さん

多種多芸だった巨泉さん

多くの人々に生きる楽しみや喜びを教えてくれました。
 

野球一筋の私にとって巨泉さんの生き様は

本当にうらやましく人生のお手本でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ