滝沢カレン!ウチのガヤがすみません!お笑い芸人をコーディネート

       スポンサーリンク

 

 
滝沢カレンさんが日本テレビ「ウチのガヤがすみません!」に

出演し、いつものおかしな日本語トークとモデルならではの

得意のファッションセンスを披露しました。

 

実はバラエティ番組好き!好きな芸人は…

 

後藤「次は独特の日本語で話題のこの方です
   滝沢カレンさん~」

  「バラエティーは見ますか?」
 

滝沢「もう毎日見てます、見ない日はない!」

 
後藤「好きなバラエティ番組はどんなんですか?」

滝沢「お笑い芸人さんがいるやつ」

 
ヒロミ「大体いるけど好きな芸人さんは?」

滝沢「第1位はぜったいこれはこう・・・」
  「ロバート秋山さん」

 

インスタで意味不明の文章が…

 
おかしな日本語の滝沢カレンさんのインスタに載っていた

桜が咲いたときの文章です

 
後藤「散々な形見せては消し?どういうこと?」
 

滝沢「これ言っちゃうと、桜の木ってすっごい大きいのに
   なんか付いてるのってすっごい小さいじゃないですか
   あの大きさの割には…」

  「あの大きさで見たら綺麗です
   でも、この散々な形で・・・

 
ヒロミ「さんざんなかたち?!
    あの桜が散って『あー』ってやつが、散々な形なのね」

滝沢「これを綺麗だと思ってんのかな?と思って、ちょっと
   そういうのも思ったんで・・・」

 

自分で日本語がおかしい自覚は?

 

後藤「今みたいな文章とかでも自分でおかしいってわかってんの?」

滝沢「おかしいとは思わない、それが最初はなんか色んな人が
   言ってくるから、何なんだよ!って思ってたけど、あの
   でも個性だって言ってくれる人も中にはいてくれて

   そしたらNHKさんがいきなりここにきて…あの、そしたら
   やってほしいって言われて

   今はもう何の気持ちも無くやってます」

 

後藤「なんの気持ちも無いの?」

  「ちがうちがう何にも気を使うことなくやってますと
   言わんと・・・」

滝沢「はい、そうですね」

 
後藤「なんの気もないなんて、やる気ないんかい!言われるから」

滝沢「やる気はもちろんあります」

 

日本語の特別講座!

 
滝沢カレンさん、この春からNHKの国語の高校講座で
レギュラーに決まりました。

ヒロミ「NHKってすごいね(笑」
 

そこで敬語が苦手と思うので用意しました。

問題1、正しい敬語に直しなさい

先生に高級なイチゴをあげたらとても喜んでいた

 
滝沢「恩師にとんでもない大きさのイチゴを差し上げたら
   人の限度を超えるほどのお喜びをしていた」

後藤「とてもと言うのは人の限度を超えるほどなんだ?」

 
「ポイントは2か所を変えてほしかったんですけど…」

後藤「あーそんなに変えなくていいんだ」

 
「変えるとしたら、あげたら喜んでいたのところで

「敬語を変えるには誰がそれをしているのかを考える」

あげたら ⇒謙譲語の 差し上げたら

喜んでいた⇒尊敬語の お喜びになった

正解はこうです

先生に高級なイチゴを差しあげたらとてもお喜びになった

 

滝沢「むずかしい~でも自由に言葉選びをした方が、なんか
   人には伝わるんじゃないかなぁ」

後藤「いやいやいやいや、なんで反抗できんねん!」

 
       スポンサーリンク

 

 

カレンが3人をコーディネート

 

テーマ「カッコいいの向う側」

平野ノラ
 

テーマ「意外と清潔ど真ん中」

尼神誠子
 

テーマ「イケイケな入口」

安藤なつ
 

はい、さすがファッションモデルだけあって3人とも

好評でした。
 

でも問題は説明が必要な独特のタイトルですね(笑)
 

すこしずつ、モデル「滝沢カレン」の魅力がお笑い界に

広まっています。

この先またどんな「滝沢カレン」をみせてくれるのか

楽しみです。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ