横澤夏子!結婚相談で号泣!江原啓之

       スポンサーリンク

 

 

私は将来いいお嫁さんになれますか?という

質問を用意して、火曜サプライズの江原さんのスピリチュアル

鑑定に臨んだ横澤夏子さん。
 

最近できた彼氏のことでみてもらうはずが、自分の中に

もう一人の自分がいると指摘され、「泣いていいよね」の言葉に

突然号泣・・・
 
江原さん、鑑定はずばり当たっているようです。

 
藤森「なっちゃんと言えば今年彼氏できましたからねぇ」

横澤「婚活パーティーで出会った方なので(結婚まで)
   とんとん拍子に行けたらいいなっていう感じ…」

 
田中「一般の方なんですか?」

横澤「一般のサラリーマンの方です」
 

藤森「結婚の話も具体的にしたりするわけ?」

横澤「あーでも具体的というかどこにデート行きたい?と
   言われたら区役所って言うし…」

    

藤森「ネタじゃんそれ」

横澤「何のプレゼントが欲しい?って聞いたらハンコって
   言うし…」

 
中田「言ったとき彼氏はどういうリアクションするの?」

横澤「いややめてくれよ~って言ってました」

 
中田「あ、ギャグっぽく返すけどやめてくれよ~とは
   言うんだ」

藤森「では江原さんに聞いてみますか~」

 
       スポンサーリンク

 

 

江原「でも若いわけでしょう?結婚をしたいんですか?」

横澤「そうなんです。結婚をして家庭を築いて
   良いお母さんにもなりたいです」
 

江原「あ~ねぇわかりますね、明るいけど精神的に
   苦労してきているからね」

  「あのどういう苦労かというと良い子と反発する子が
   共存して小さい時からきてるでしょう、でいて
   家族想いだし自分はそれに従って良い子でこう
   すべきだってことすごくわかっちゃうじゃん」
 

  「ものすごく勘のいい人だもん」

  「今自分はこうすべきだ、自分の役割は今こうだって
   言うんだけれどそこで、でもやってやりたくない」

  「こんなの違う!って二人の夏子さんがいて
   それがいつも自分の中でせめぎ合いしてこなかった?」
 
横沢「そうなんです、そう」

中田「宝塚音楽学校かと思った」

 
横澤「ほんとそう、ほんとそうなんです
   二人ちゃんといるというか、自分ともう一人いて…」

  「でもそうですね、良い子でいたいってのはあったん
   ですけど…あ、なんか自分がイライラしている原因て
   反発する自分がいたからイライラしてたんだっていう」

  「今す~っと…これはなんか…」
 

江原「そうそれでいてね、あのすごく家族仲もいいしね
   なんだけどそこに嘘嘘、ぜったい嘘というのが
   あるわけ」

  「言いたいことはね、肌身の温もりが欲しいっていう
   ことを言いたいわけ」

  「みんながこうあるべきっていう姿が出ちゃって…
   でも家族だったらばこういう時泣いていいよね
   とかって…」
 

藤森「夏子!はやいよ」

横澤「ごめんなさい~早かった」号泣

 
横澤「お父さんが学校の先生だったから帰ってこなかったり
   部活動で全然家にいなかったり…お母さんも途中から
   仕事に行っちゃって寂しかったから、

   私も結婚したら家に入りたいって思って…」

  「堀北真希さんスゴイなぁーって思ったんです」

 
中田「家にず~っといるお母さんが欲しかったんだよね?」

 
横澤「そう欲しかった」

中田「そうなりたいんだね」
 

横澤「そうなりたいけどでも今のこの状態は、私は仕事
   したいから…」

  「でも家にいるのが良いお嫁さんと私は思って
   いたんですよ、だから…
 
   今仕事頑張りたいからなぁって思って…」
 

江原「でも今までもそういう環境の中で寂しくても
   寂しいって言えなかったの兄弟もいるし…」

  「どこかで反発の方強めて…こう強がって…
   生きてこれた」

  「本当は寂しさをすごく抱えてるのに…」

  「もうこれでお分かりのように繊細でやさしい
   お嬢さんなんですよ…」

  「けどいっぺんにやろうとしすぎ、せっかちすぎる」

 
横澤「あー!」

江原「わかる?」

 
横澤「はい、すごいせっかち」

江原「あと3年ぐらいの人生と思ってる?」
 

横澤「ははは、死に向かって生きてると思ってる
   ほんとそうです」

江原「まだ~26でしょう?ぜ~んぜんこれから
   未来があるわけでしょう」

  「だから横沢さんの場合はね、(結婚は)
   ゆっくりのほうが良い
   でないとね…離婚する」
 
横澤「えー」

江原「なぜかというと結婚と結婚するから
   理想のほうが先立っちゃって…」

  「相手は配役になっちゃうから、自分の理想
   という脚本の…」
 
横澤「あーそうですね」

 

自分の子供のころの体験から、寂しい思いをして

よい奥さんとは家にいること!と思っている横沢さん。

 

よい奥さんになれそうですが、せっかちだから結婚は

ゆっくりがいいとアドバイスを受けていました。

 

このあとも彼氏の話をしていましたが、横沢さんの

お笑いの仕事にも理解があるようなので、焦らなければ

うまくいくように思いました。
 

うまくいけば数年後に結婚となるかも?

婚活パーティーで知り合った一般のサラリーマンの

彼氏・・・だそうです。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ