水谷豊!初の武士役「無用庵隠居修行」気が付いたら周りが倒れてる

       スポンサーリンク

 

 

水谷豊さんが初めて裃を着たと感想を述べた時代劇、

「無用庵隠居修行」がBS朝日で9月15日から放送される。

 

以前に主演した「だましゑ歌麿」の吉川一義監督と再び

タッグを組むことになった水谷さん、心配していたのは

武士には不可欠の「殺陣」だったが、夢中で刀を振り回して

気が付くと周りが倒れているとのこと。

 

「やってみるといいもんだなぁ」って、ドラマ「相棒」では

味わえなかった爽快感がこの「無用庵隠居修行」では

体験出来て、新たな時代劇の魅力に目覚めたみたいです。

 

共演するのは「相棒」では役職が上だった官房長の

岸部一徳さん。

 

「無用庵隠居修行」では水谷さんのいわば秘書役で常に

一緒にいる存在。

 
       スポンサーリンク

 

 

病で妻を亡くした主人公の日向半兵衛(水谷豊)は

跡取りが無く、心配した勝谷彦之助(岸部一徳)は

以前見合いをした奈津(檀れい)を女手が足りぬと

呼び寄せ三人の生活が始まる。

 

江戸城を警護する役目を毎日真面目に勤める半兵衛は

出世争いに明け暮れる同僚たちにうんざり・・・

 

腕は立つが天下泰平の江戸の世にあって、それを

発揮する場は無く、そろそろ隠居を考えていた

半兵衛だったがある日辻斬りに襲われ、相手は

相当な手練れだった・・・

 

隠居したいと考えている半兵衛は気楽な武士。

 

「相棒」で気心が知れた岸部さんと水谷さんの

演技が、身分が逆になった今回の「無用庵隠居修行」では

どんな感じになるのか?

 

気になるところではある。

 

共演の檀れいさんも「相棒」ではseason8で水谷さんと

共演していたが、岸部さんとは初めて。

 

今回はお転婆娘という役で二人の間に割り込み、三人

一緒の場面が多いのですが、「岸部さんのぼそっという

一言と表情が面白い」と楽しいと感想を漏らしていました。

 

暗いイメージの「相棒」とは違ってなんか気分が晴れる

ような予感の「無用庵隠居修行」

 

番組スタートが待ち遠しいね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ