大谷翔平!初ホームランで無視の洗礼&カワイイと人気!家族は?

       スポンサーリンク

 

 

大谷翔平選手が連日、テレビのスポーツニュースで取り上げられています。

日本ハムからアメリカのメジャーリーグにデビューして、その二刀流の活躍から

大谷選手に「謝罪」したという米国の記者が出たほど、大谷選手は全米の野球

ファンから注目されています。

 

全米の野球ファンが「かわいい」と言うわけは?

 

大谷選手が初めてメジャーリーグでホームランを打った時のこと

チームメイトは伝統の「知らんぷり」そう、無視の洗礼を決め込んだのだった。

 

①ホームランを打ってベンチに戻ってきた大谷選手

 

②ねえ、今見たでしょ?ホームラン打ったんだよ~

 

でもそんな大谷選手には誰も気が付いてないふりで冷たい態度・・・

 

③すると「なんだ?どうした?」と突然振り向き、

 

④皆がワーっと集まって・・・

 

 

⑤もみくちゃにされて歓迎を受けました~♪

 

この一連の映像が「大谷選手カワイイ~」っと、女性たちの

心を鷲づかみにしたようです。

 
       スポンサーリンク

 

 

 

そんな人気急上昇中の大谷選手について見てみましょう

大谷翔平プロフィール

 

大谷翔平(おおたにしょうへい)

出身地:岩手県奥州市水沢

生年月日:1994年7月5日(23歳)

出生時g:3400g

 

家 族

父:大谷徹(元社会人野球の選手)

母:〃加代子(元バドミントンの選手)国体出場

兄:30歳(社会人野球選手)

姉:25歳(看護師)

 

母親の話

野球を始めたのは小学2年生で活発で人前では泣かない子だった。

幼少期の特技:よく寝る事でそれは今でも得意と大谷選手は言っていました。

高校入学時の母の心配事:中学時代は夜9時以降まで起きていたことは無かったので
            高校ではどうなるか?練習とか勉強とかで遅くなることが
            あったら9時以降も起きていられるか・・・

 

翔平の名前を付けたのは父親

 

奥州なので「源 義経」から「義経」を考えたが、名前負けすると思い、それはやめて

義経の空翔けるイメージから・・・

義経ゆかりの平泉から・・・・・・ で翔平とした。

 

同級生から見た大谷選手

 

(入学時は188cm、66kg)

高校2年生のころ・・・背が高いのでキリンみたい
           背が高いうえに細いのでエンピツみたい

(卒業時は193cm、86kg)
                
 

痩せていた大谷選手に野球部監督は・・・

 

花巻東高校野球部の佐々木 洋監督は大谷選手の体をつくるため
「1日13杯のごはんを食べろ」とアドバイス

実際には朝3杯、夜7杯の10杯が限界だった。

 

食べただけでは大きくならないので「食べたら寝ろ」と、

大谷選手専用に1年生棟の1部屋を確保して、他の選手に

邪魔されずに寝られるようにした。

 

現在は195cm、92kg(エンゼルス公式HP)

 

大谷選手二刀流の原点は?

 

米国で特に注目される大谷選手の魅力は、投げる・打つの二刀流にある。

かつてはベースボールの神様と言われたベーブルースの再来だとファンたちは

興奮気味に大谷選手を語る。

 

その大谷選手の二刀流の原点は高校時代~日本ハムにあった。

高校卒業したらメジャーに行くという希望があったため

大谷選手を指名したのは日本ハム一球団だけだった。

 

ドラフトの前から「指名されても僕は行けません」と

公言していたのになぜ日本ハムに入ったのか?

 

それは・・・
大谷選手が話す「僕には無い画期的なアイデアでした…」

 

プロに入ったら投手か打者か、どちらかに決めなければならないと思っていた

大谷選手でしたが、日本ハムの栗山監督に言われたことは

「プロでも二刀流、だれも歩いたことが無い道を歩いてほしい」

ということだった。

 

日本ハムで二刀流としてプレイしていた大谷選手のデーターはそのままエンゼルスに

引き継がれ、今もそれをもとにコンディションを整えよいプレイをすることに

役立てている。

 

日本ハム時代の大谷選手のお小遣いは?

 

お小遣い制:10万円/月

主な使い道:食費、トレーニング代、サプリメント代だが、寮なので
      食事はついているしサプリメントもスポンサーがついて
      いたので、ほとんど使う事は無かった。

      結果2年後には預金残高が200万円を超えたという。
 

このところ大谷選手はチームが得点を上げることに貢献できているようでなによりです。

これからは自分の弱点を研究され、今までのようにはいかないと思う・・・と冷静に語った

大谷選手。

 

今までは遠い米国のメジャーリーグなんてリアルタイムで気になることは無かったのですが

大谷選手がデビューして、日本でもメジャーのファンが増えたことでしょう。

大谷選手には、あのベイブルースの記録をぜひ抜いてほしいですね。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ