バルミューダ!トースター買ったんだけど!カリッとモチモチは?

       スポンサーリンク

 

 

バルミューダのトースターを買いました。

 

テレビで見たのがきっかけで、前から気になって

いたんですよね。

 

何しろ食パンをトーストしたものが、旨い条件

としては、

表面が“カリッと”そして中が“モチモチ”って

いう表現に尽きます。

 

それがパン好きにはたまらない

憧れの合言葉となっています。

 

何度かテレビで見たことのあったこの

バルミューダは、毎回その表現で紹介されて

いたのでもう買う気満々!

 

あとはいつ買うか?・・・

それだけだったのですが、ネットでのTポイントの

関係で、ついに購入するに至りました。

 

バルミューダ使ってみた

 

ネットで注文して到着した箱をあけたところ

取扱説明書が上に、軽量ミニコップが右下に見えます

 

出して置いてみると安物のトースターよりちょっと

大き目の幅35.7cm奥行き32.1cm

 

色はグレーが変わっていていいかもと

思ったのですが、汚れが付いたら目について

掃除しやすいように白を選びました。

 

中を見てみると・・・

セットした縦ラインのアミのみ。

扉に連動した給水孔が上部にあります。

 

穴に水をミニコップで0.5ml入れます。

 
食パン1枚を焼いてみましょう。

食パンは2枚まで入ります。

 

タイマーダイヤルを3に合わせるとチッチッと音がして

カウントが始まり蒸気が出てパンを蒸します

 

ガラスが曇るくらい蒸気が発生!

この後ヒーターの熱が、熱くなったり弱くなったりと

微妙に調節しながら焼いていきます。

この辺が研究によってあみだされた最良の

焼き加減を実現しているのでしょうか。

高級トースターらしい雰囲気を出しています。

 
       スポンサーリンク

  

 

仕上げに一気に焼き上げる

そして残りの目盛りが1になったとき

一気に過熱し、曇っていたガラスはクリアに

見る見る表面に濃い焼き色が広がっていきました

 

完了の電子音が鳴って完成。

開いてみると

さすがムラなく均一に焼けています。

すぐに出そうとすると火傷するので注意が必要。

 

裏面は、棒状のアミの跡がこのようにつきます。

さっそく食べてみると・・・

 

カリッ・・・・・・

・・・・・・・・・

中はしっとりというほどではありません。

表面も普通のスタンド型トースターで焼いた

感じとおなじです。

 

バルミューダ、大したことありませんね。

テレビでの“カリカリでモッチリ”表現を信じ込み

期待すると、期待した分がっかりします。

 

食パンのトースターはバルミューダを買うまでも

ないです。

普通のポンッと飛び出すスタンド式のトースターと

大差ないです。

 

ではバルミューダは何が良いのか?

 

クロワッサンとかカレーパンを焼くときには

厚みのあるパンなので、ヒーターの熱を調整し

焦げすぎずちゃんと焼けます。

 

実際にカレーパンを焼いてみたら、しっかり

焦げずに焼けました。

 

バルミューダは

色んなパンを焼いて食べたい人に向いています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ